薬剤師として転職した流れた結果

人間関係など異なる点はたくさんあるんだなと改めて実感

雰囲気も良いし働いている人も笑顔が多かったので、ここなら自分が求めている働き方に近づけるのではないかと思い、面接を受けることにしました。
面接の日程調節も代わりに行ってもらえてたので助かったし、条件交渉もしてもらえたりと自分では言い出しにくいことを交渉してもらえるのは本当に助かりました。
面接対策もしてもらえて、自信を持てたからか無事に面接もクリアすることができました。
転職成功のためには、円満退職か欠かせないと言われたので、スムーズに退職できるように頑張って引き継ぎにも力を入れました。
新たな働き先の初出勤時の注意点などアドバイスももらえたし、無事に職場に馴染むことができたのでありがたいなと感じています。
以前よりも患者さんと接する機会が増える職場を選んだので、直接お礼を言われることもあり自分の仕事が他人の健康を助ける役に立っているんだなと思えて本当にやりがいを感じられるようになっています。
人間関係も良好だし、最初に見学しておいて正解でした。
やはり同じ薬剤師でも働き先によって、やり甲斐を感じるかや給与、人間関係など異なる点はたくさんあるんだなと改めて実感できたし、思い切って転職することにして正解だったなと思いました。

薬剤師さんが転職で失敗する理由

●転職先の情報収集不足
●自分の強み・弱みの理解不足
●年収だけで判断する
●間違った転職活動をおこなう

転職の成功率を上げるには、求人票以外の情報を徹底的に調べたり、自分の傾向を理解したりすることが大切です(*^^*) pic.twitter.com/LX3KMB7pw8

— コロン太 (@tenshoku_web) 2019年8月29日

薬剤師になることが夢すべて無料なのがありがたかった人間関係など異なる点はたくさんあるんだなと改めて実感